図解 Windows10(21H2)基本アプリ

Windows10(21H2)の様々な 疑問の答えをココで図解。

Windows10の起動時間が遅いと感じたら

タスクバーの何もないところで右クリック。

※画像に書き込んだ赤い矢印のあたりです。

f:id:Twogie-M:20211228112540p:plain

タスクマネージャーをクリック。

f:id:Twogie-M:20211228123555p:plain

スタートアップをクリック。

f:id:Twogie-M:20211228113027p:plain

この画面に変わります。

f:id:Twogie-M:20211228113133p:plain

ここで有効と表示されているものが起動時に立ち上がるものです。

別に起動時に一緒に立ち上がらなくても良いものは無効にします。

Mydrosoft OneDrive 必要な時に起動すれば良いので無効にしています。

f:id:Twogie-M:20211228113518p:plain

Google Driveも起動時に立ち上がらなくても良いので無効にしました。

f:id:Twogie-M:20211228114225p:plain

下へスクロールして他を診ます。

無効後になぜかMicrosoft OneDriveが下に来てますね。

Microsoft To Doも使っていないので無効

現在ではスマホでTo Do管理するのが常識かなと。

バッテリー壊れているので外している為、無効にしています。

FUJITSUのPCなのでFUJITSUと記載されているものは全て有効のままにしています。

※無効にすると起動しなくなるものありますのでご注意ください。

新しく後から入れたアプリがスタートアップ項目に入っていたら

無効にすると起動時間が早くなります。

僕の古いPC(Windows7から10にアップグレードしたくらい古いです)でも

起動に30秒はかかりません。

修正完了後のスタートアップ項目の画像を下に。

f:id:Twogie-M:20211228115946p:plain

f:id:Twogie-M:20211228120012p:plain

断片化関連記事を追加しました。

 

win10.hatenablog.com

win10.hatenablog.com

 

    

 

パソコン・周辺機器 の 売れ筋ランキング

全般ランキング